movo

倉庫内業務関連

クラウドWMS「ロジザードZERO」が3PL・物流倉庫向けにAGVと連携構築へ

■レンタルした施設にて撮影を行っています。

ロジザード株式会社は、クラウド倉庫管理システム(WMS)「ロジザードZERO」がAGV(自動搬送ロボット)との連携基盤を構築したことを発表した。物流ロボット連携の一環として、AGV連携の基盤を構築することで、AGV各種の導入期間を短縮、費用の負担の軽減可能となる。

「ロジザードZERO」は、国内外の1,241現場で利用されているWMS。かねてより外部機器・システムとの連携を強化しており、ロジザードZEROがAGV基盤を構築したことにより、個別に開発を行うケースと比較して低価格・短納期での導入が可能になる。

日本国内、中国でロジザードのWMSとAGVは連携実績があり、連携基盤の開発に当たっては、これらの実績を組み込んだという。

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

RELATION

SEARCH

RANKING

CATEGORY

MAIL MAGAZINE

SEMINOR

セミナー情報一覧

NEW RELEASE

ページの先頭へ戻る

お電話でのお問い合わせ

050-5358-8885

MOVO 配送マッチングは 050-5358-8886

受付時間 平日9:00〜18:00

WEBからのお問い合わせ

MAIL FORM

運営会社について運ぶを最適化する

MOVO Channel 記事を読む