movo

倉庫内業務関連

HACCP対策 食品温度モニタリングキット販売

東京エレクトロン デバイス株式会社は、食品温度のリモート監視をオールインワンで行う「Cassia IoT 食品温度モニタリングキット」を2020年6月23日より販売開始した。

改正食品衛生法に従い2020年6月から食品を扱う全事業者に対してHACCPによる衛生管理が義務化されている中、対象となる食品倉庫や飲食店では、HACCPに沿った食品保管時の温度管理と記録を継続的に行うことが求められており、ニーズが高まっているという。

Cassia IoT 食品温度モニタリングキットは、温度センサーデータをBluetoothルーター、インターネット経由でMicrosoft Azureに収集・可視化し、食品温度のリモート監視をオールインワンで行うIoTキット。現場でのスマートフォン等による温度センサー管理操作をせずにアラートの表示や測定データの保存、CSVファイルへの出力が可能であり、リモートによる温度監視が実現可能。通信距離が長く通信感度が高いCassia Networks社製Bluetoothルーターにより、設置台数を最小限にとどめることができる。Bluetoothルーターの信号の受信レベルを随時確認できる同梱のツールにより、ルーターの設置位置の調整が容易になり、センサーのバッテリ残量状態の表示機能によりバッテリ交換作業を効率的に行うことができるなど、運用作業の負荷が軽減される。

また、クラウドサービスを一括で提供するため、データベースサーバーやWEBサーバーなどへの初期投資や、システム構築作業が不要で、ユーザーのニーズに則した拡張やカスタマイズへの対応も可能。

ユーザーは簡単に食品温度のリモート監視システムを構築でき、初期投資や運用工数を削減することにより、効率的な衛生管理と品質向上の実現が可能。

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

RELATION

SEARCH

RANKING

CATEGORY

MAIL MAGAZINE

SEMINOR

セミナー情報一覧

NEW RELEASE

ページの先頭へ戻る

お電話でのお問い合わせ

050-5358-8885

MOVO 配送マッチングは 050-5358-8886

受付時間 平日9:00〜18:00

WEBからのお問い合わせ

MAIL FORM

運営会社について運ぶを最適化する

MOVO Channel 記事を読む