movo

倉庫内業務関連

トランコム、中国AI技術活用 物流センター自動化へ

トランコム株式会社は、2020 年 5 月 25 日(月)、中国のAI・ ロボティクス・IoT などの先進技術を日本国内へ導入を行うChinoh.Ai 株式会社と資本業務提携契約を締結したと発表した。

E コマース市場の拡大等により、物流の取扱件数が年々増加する傾向の中、物流業界における慢性的な労働力不足の解消のために省人化・自動化・スマート化といった変革が必要とされる。中国で著しい進化を遂げているAI・ロボティクス・IoT などの先進物流テクノロジーのキュレーション事業を行うChinoh.Aiと業務提携を行うことで、人工知能を活用し た「次世代物流センター自動化システム」の開発を進め、国内の企業に導入を行う。

具体的には、今まで進めてきた物流センター運営における省人化を目的としたケースピッキング作業の自動化導入を、運営している数か 所の物流センターにおいて最適な物流自動化の実現を目指す。将来的にはトランコムが運営する物流センターと Chinoh.Ai が提供する「3 ウェイRGV自動倉庫、搬送ロボット (AGV/AGF)、ピッキングロボット」など最先端の物流技術を組み合わせた次世代型の物流 施設を共同開発し、第四次産業革新がもたらす価値を社会に提供する。トランコムは今後もベンチ ャー企業との協業や投資を積極的に実施するとしている。

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

RELATION

SEARCH

RANKING

CATEGORY

MAIL MAGAZINE

SEMINOR

セミナー情報一覧

NEW RELEASE

ページの先頭へ戻る

お電話でのお問い合わせ

050-5358-8885

MOVO 配送マッチングは 050-5358-8886

受付時間 平日9:00〜18:00

WEBからのお問い合わせ

MAIL FORM

運営会社について運ぶを最適化する

MOVO Channel 記事を読む