movo

倉庫内業務関連

HACCP義務化に対応 A&DのX線検査機に新機能追加

株式会社エー・アンド・デイは、 2020年6月から制度化されるHACCP管理に貢献するX線検査機「AD-4991シリーズ/PROTEX SERIES」に、 包装工程で発生するおそれがあるシール部の“噛み込み”を検査する機能のオプションを追加したと発表した。

新機能の開発の背景としては、包装シール部に中の商品が噛み込むと気密性が保てず、品質を保持できない商品になってしまうため、中の商品が噛み込んでいないか、検査担当者の目視による全数チェックなど、多くの手間 と時間をかけて出荷前検査を行っている現状があった。包装紙によっては中の商品が見えないこともあり、光学カメラや光電センサーでの検知もできないケースがあるため、噛み込み検査は生産ラインにおいて悩みの種になっていたという。

機能オプションが追加された「AD-4991シリーズ」は スリムデザイン設計による小型・省スペースを実現 したX線検査機で、1,000品種の登録が可能で誰でも使いやすい直観操作が特徴。

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

RELATION

SEARCH

RANKING

CATEGORY

MAIL MAGAZINE

SEMINOR

セミナー情報一覧

NEW RELEASE

ページの先頭へ戻る

お電話でのお問い合わせ

050-5358-8885

MOVO 配送マッチングは 050-5358-8886

受付時間 平日9:00〜18:00

WEBからのお問い合わせ

MAIL FORM

運営会社について運ぶを最適化する

MOVO Channel 記事を読む