movo

倉庫内業務関連

ZMP、無人フォークリフトの新型モデルの動画公開

株式会社ZMPは、2020年2月14日に受注を開始している無人フォークリフトCarriRo® Forkの新モデル、リーチタイプの機能や走行を紹介する動画をホームページで公開した。

新モデルは最大揚高5.6mで、3.2mの通路幅での走行、作業が可能などの特徴を持つ。さらに外部機器と連携することが可能で、物流センターや倉庫、及び工場内のパレットの完全無人搬送を実現することができる。

外部連携の例としては
①  AGV連携:物流支援ロボットCarriRo® AD+(自律移動モデル重量版)との連携により低コストで構内のパレット搬送作業を無人に実現できる
②  設備連携:PLC(Programmable Logic Controller)などの外部機器を制御する装置と連携し、エレベーターの乗り降りや、自動倉庫、リフター、コンベヤなどへの荷物の移載を自動で行う
③  システム連携:既存の倉庫内・工場内のシステムと連携させて、人手を介在することなくシームレスな無人運転を実現する
などを挙げている。

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

RELATION

SEARCH

RANKING

CATEGORY

MAIL MAGAZINE

SEMINOR

セミナー情報一覧

NEW RELEASE

ページの先頭へ戻る

お電話でのお問い合わせ

050-5358-8885

MOVO 配送マッチングは 050-5358-8886

受付時間 平日9:00〜18:00

WEBからのお問い合わせ

MAIL FORM

運営会社について運ぶを最適化する

MOVO Channel 記事を読む