movo
  • TOP
  • 輸配送関連
  • ホンダ、中国次世代コネクテッドサービス提供に向け合弁会社設立

輸配送関連

ホンダ、中国次世代コネクテッドサービス提供に向け合弁会社設立

Hondaの中国現地法人である本田技研工業(中国)投資有限公司は、Neusoft Reach Automotive Technology(Shanghai)Co., Ltd.(ニューソフト リーチ:以下、Neusoft Reach)との合弁により、Hynex Mobility Service Co., Ltd.(ハイネックス モビリティ サービス)を設立したと発表した。本社を遼寧省・大連市に置き、 2020年7月1日に事業を開始しする予定。

Hynex Mobility Serviceは、Hondaの車載コネクテッドシステム「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を主体に、コネクテッドサービスの提供を目指す。

Hondaは、中国におけるFUNに溢れた独自のスマートモビリティ体験の実現に向け、電動化やICV領域での進化を加速させてきた。中でも、コネクテッドサービスにおいては、Honda CONNECTを今後のモビリティ価値向上に不可欠な重要プラットフォームと位置づけている。

今回の合弁パートナーであるNeusoft Reachは、ソフトウエアにおける強みをベースに、AIやビッグデータなどの新たな技術を融合させ、新価値を提供する企業。ICV、自動運転、電動車パワートレーン、モビリティサービスおよび、コネクテッドサイバーセキュリティ領域など、次世代自動車に向けた、商品、技術、サービスおよびソリューション全般の提供に取り組んでおり、Hondaが中国において、コネクテッドサービスをスピーディに提供するために不可欠なパートナーであると考え、協業に至った。

今後、Hynex Mobility Serviceは、Honda CONNECTを主体とする次世代コネクテッドサービス事業の戦略を立案、開発・提供を実施していく。

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

RELATION

SEARCH

RANKING

CATEGORY

MAIL MAGAZINE

SEMINOR

セミナー情報一覧

NEW RELEASE

ページの先頭へ戻る

お電話でのお問い合わせ

050-5358-8885

MOVO 配送マッチングは 050-5358-8886

受付時間 平日9:00〜18:00

WEBからのお問い合わせ

MAIL FORM

運営会社について運ぶを最適化する

MOVO Channel 記事を読む