movo
  • TOP
  • 輸配送関連
  • ドラレコによる ドライバー自動識別機能の実証実験の開始

輸配送関連

ドラレコによる ドライバー自動識別機能の実証実験の開始

elpis株式会社は、運行管理向けAIサービス「elpis AI」を東海クラリオン株式会社が販売する通信型ドライブレコーダーTX2000-SAとの連携に向けた実証実験を開始すると発表した。商用サービスは7月1日以降を予定している。

実証実験では、車室内画像に特化して開発されたelpis AIの「顔識別機能」を利用し、TX2000-SAを搭載した車両に乗車中のドライバーが誰なのかを自動的に識別し、運行実績・運転評価への反映を行う。

これまで、SDカードやICリーダーなど、ドライバーに負担のあったドライバー識別操作を全自動で行うことが可能になるとともに、営業車両などの最適配置に伴いドライバーが固定化されていないシェアカーなどでの運行実績を可視化することが可能になる。

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

RELATION

SEARCH

RANKING

CATEGORY

MAIL MAGAZINE

SEMINOR

セミナー情報一覧

NEW RELEASE

ページの先頭へ戻る

お電話でのお問い合わせ

050-5358-8885

MOVO 配送マッチングは 050-5358-8886

受付時間 平日9:00〜18:00

WEBからのお問い合わせ

MAIL FORM

運営会社について運ぶを最適化する

MOVO Channel 記事を読む