movo

輸配送関連

JR東、新幹線物流拡大 物流企業と連携し宅配も実施

東日本旅客鉄道(JR東日本)は9月3日から「新幹線物流」など列車を活用した物流サービスを拡大すると発表した。

これまで、地域の情報発信やPRのためにイベントとして行っていたが、今後新幹線物流を定期化・強化し、コロナ禍での事業拡大を目指す。列車を活用した物流の強みである速達性と定時性を生かし、地域の食材や地産品などをスピーディーに消費者へ届け、地域事業者等の販路拡大につなげる。

新幹線物流の定期化については、荷主のニーズに応じて対象列車を増やし定期的な輸送を実現するとともに、輸送量の拡大を見据えた輸送方法を構築していく。 9月からはJR東日本として初めて地方都市間での新幹線物流や、在来線の特急電車を活用した物流を開始し、第1弾として、仙台駅発-新函館北斗駅着の新幹線で宮城県産の梨やぶどう等を輸送。在来線の特急物流では、伊豆急下田駅発-東京駅着と勝田駅発ー品川駅着の電車で、それぞれ伊豆産と茨城県産の鮮魚などを東京へと運ぶ。

輸送した商品の販路拡大に向けては、JR東日本グループのECモール、「ポケットマルシェ」と連携。消費者が注文した商品を新幹線物流で輸送し、高輪ゲートウェイ駅で受け取れる企画を行う。

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

RELATION

SEARCH

RANKING

CATEGORY

MAIL MAGAZINE

SEMINOR

セミナー情報一覧

NEW RELEASE

ページの先頭へ戻る

お電話でのお問い合わせ

050-5358-8885

MOVO 配送マッチングは 050-5358-8886

受付時間 平日9:00〜18:00

WEBからのお問い合わせ

MAIL FORM

運営会社について運ぶを最適化する

MOVO Channel 記事を読む