movo
  • TOP
  • 輸配送関連
  • ZMP、首都高全線300km超の自動運転AI用データセット販売開始

輸配送関連

ZMP、首都高全線300km超の自動運転AI用データセット販売開始

株式会社ZMPは、首都高速道路全線(約327.2km)走行時のカメラ映像・LiDARデータ・車両情報等からなる自動運転AI用データセットの販売を開始する。走行時間は15時間以上で、走行距離約300キロ、データ量2.5TB以上のデータ量で、データ分析、機械学習や開発用に利用できる。価格は、200万円(税別)で2020年9月末よりデータ納品を開始する。

提供するデータは、これまで走行データ取得ソリューションRoboTestが提供してきたサービスの走行ルート、走行シーン、車体情報、周辺環境情報をピックアップし、RoboTestCarを走行させて取得した首都高データセット。

車両の前方・後方・左右サイドミラーに設置したカメラの動画データ、GPS・IMUデータ、温度・湿度・照度データ、ステアリング角度や車速等の物理値に変換した車両CANデータ、車両上部に搭載した3D-LiDARを活用した距離情報や点群データ・物体認識結果が含まる。

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

RELATION

SEARCH

RANKING

CATEGORY

MAIL MAGAZINE

SEMINOR

セミナー情報一覧

NEW RELEASE

ページの先頭へ戻る

お電話でのお問い合わせ

050-5358-8885

MOVO 配送マッチングは 050-5358-8886

受付時間 平日9:00〜18:00

WEBからのお問い合わせ

MAIL FORM

運営会社について運ぶを最適化する

MOVO Channel 記事を読む