movo
  • TOP
  • 輸配送関連
  • ヤマトホールディングスとPalantir、日本の物流のデジタルトランスフォーメーション加速に連携

輸配送関連

ヤマトホールディングスとPalantir、日本の物流のデジタルトランスフォーメーション加速に連携

ヤマトホールディングス株式会社と米Palantir Technologies Inc.は連携し、ヤマトグループのオペレーション変革および物流業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速させる取り組みを開始する。今後、ヤマトホールディングス は、Palantirのソリューションを活用することで各オペレーションのデジタル化を推進し、ひいては日本の物流業界全体のDXを目指す。

ヤマトホールディングスは2020年1月23日に経営構造改革「YAMATO NEXT100」を発表し、3つの基本戦略の達成に向け、3つの事業構造改革と、「データドリブン経営への転換」を含む3つの基盤構造改革を推進している。ヤマトホールディングスは、Palantirのソリューションを活用することでオペレーションの変革を実行し、日本の物流業界全体の変革をリードすることを目指す。Palantirとの取り組みにおいて、ヤマトホールディングスはPalantir Foundry等のテクノロジーを活用し、その顧客に対して新しい付加価値を生み出すデジタルプラットフォームの構築を目指す。そのうえで、社内外のデータを統合・分析し、リアルタイムの流動データなどの運用データを統合することで、リソースの最適配置、サプライチェーンの合理化、顧客のサービスレベルの向上を目指す。

またヤマトホールディングスは、今後デジタル分野に4年間で約1,000億円を投資し、デジタルプラットフォームの構築、DXの実現に向けた取り組みを加速させる。

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

RELATION

SEARCH

RANKING

CATEGORY

MAIL MAGAZINE

SEMINOR

セミナー情報一覧

NEW RELEASE

ページの先頭へ戻る

お電話でのお問い合わせ

050-5358-8885

MOVO 配送マッチングは 050-5358-8886

受付時間 平日9:00〜18:00

WEBからのお問い合わせ

MAIL FORM

運営会社について運ぶを最適化する

MOVO Channel 記事を読む