movo
  • TOP
  • テクノロジー
  • ソニー、MaaS共通データベース基盤を開発 ブロックチェーン技術活用

テクノロジー

ソニー、MaaS共通データベース基盤を開発 ブロックチェーン技術活用

ソニー株式会社は、複数の交通機関を統合した次世代移動サービスであるMaaS(Mobility as a Service)向けにブロックチェーン技術を活用した共通データベース基盤を開発したと発表した。

MaaSとは電車やバス、タクシー、カーシェアリング、配車サービス、レンタル自転車などの交通手段をITやクラウド技術で統合して、利用者に希望する目的地への最適経路や推奨する交通機関とサービスを組み合わせたもので、所要時間や料金等を一括して提示し、予約から決済までを提供する。ソニーが独自開発した共有データベース基盤はデータの高速処理が特長で、一日700万件以上の匿名化された利用者の移動履歴と収益配分の記録、共有を可能になったという。

ソニーはオランダ・インフラ水管理省が公募したMaaSのプログラムに参画し、2020年3月末までブロックチェーンデータベースによる実証試験を行行っていた。ブロックチェーン技術をMaaS向けに活用し大規模な移動履歴と収益配分の記録、共有を実現した実証試験は業界初の取り組みだという。

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

RELATION

SEARCH

RANKING

CATEGORY

MAIL MAGAZINE

SEMINOR

セミナー情報一覧

NEW RELEASE

ページの先頭へ戻る

お電話でのお問い合わせ

050-5358-8885

MOVO 配送マッチングは 050-5358-8886

受付時間 平日9:00〜18:00

WEBからのお問い合わせ

MAIL FORM

運営会社について運ぶを最適化する

MOVO Channel 記事を読む