movo

テクノロジー

日野自動車、ニューロスペースと睡眠改善アプリを共同開発

日野自動車株式会社と株式会社ニューロスペースは、ドライバーの睡眠改善のアドバイスをするスマートフォン向けアプリを共同開発すると発表した。5月11日より日野自動車の子会社であるNEXT Logistics Japanとそのパートナー企業で実証実験を開始する。

物流に従事するトラックドライバーは、昼夜勤務の切り替えのあるシフト勤務により、寝不足や睡眠の質低下など、特有の睡眠課題を抱えている。また、2018年6月より施行された国土交通省の事業者向け規則改正において、睡眠不足の運転手の乗務禁止、乗務前点呼での睡眠不足の確認・報告および記録が義務化されるなど、運送事業者、ドライバーにおける睡眠改善へのニーズは高まっている。

共同開発するアプリは、腕時計型の睡眠計測デバイスで自動取得したデータを、ニューロスペースが蓄積してきた睡眠改善ノウハウに基づき分析する。ドライバー自身の入力作業は不要 。分析を元にドライバー一人ひとりに適した睡眠アドバイスを提供する。ドライバーの睡眠課題を改善することで、居眠りや注意力不足などに起因する交通事故防止、作業効率の向上が期待できるという。

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

RELATION

SEARCH

RANKING

CATEGORY

MAIL MAGAZINE

SEMINOR

セミナー情報一覧

NEW RELEASE

ページの先頭へ戻る

お電話でのお問い合わせ

050-5358-8885

MOVO 配送マッチングは 050-5358-8886

受付時間 平日9:00〜18:00

WEBからのお問い合わせ

MAIL FORM

運営会社について運ぶを最適化する

MOVO Channel 記事を読む