movo
  • TOP
  • テクノロジー
  • セブンイレブン 水素燃料トラックでの店舗配送実証実験開始/栃木

テクノロジー

セブンイレブン 水素燃料トラックでの店舗配送実証実験開始/栃木

株式会社セブン‐イレブン・ジャパンは、トヨタ自動車が開発した水素を燃料として走る「FC小型トラック」を店舗配送に活用する実証実験のエリアを拡大し、栃木県で実施すると発表した。

これは、セブンイレブンの北関東エリアにおける配送業務を委託している丸伊運輸株式会社が、日本初の水素ステーション併設型配送センターである『チルド米飯佐野センター』を栃木県栃木市で稼働開始したことに合わせて開始したもの。

セブンイレブンは、配送時におけるCO2排出量削減の取り組みとして、店舗に商品を運ぶトラックの一部にハイブリッド型やEV等を導入してきた。「FC小型トラック」の実証実験は、今までは都内で行っていたが、都内とは異なる気象条件や道路条件で走行テストを行うことが目的。

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

RELATION

SEARCH

RANKING

CATEGORY

MAIL MAGAZINE

SEMINOR

セミナー情報一覧

NEW RELEASE

ページの先頭へ戻る

お電話でのお問い合わせ

050-5358-8885

MOVO 配送マッチングは 050-5358-8886

受付時間 平日9:00〜18:00

WEBからのお問い合わせ

MAIL FORM

運営会社について運ぶを最適化する

MOVO Channel 記事を読む