movo

サプライチェーン関連

日立物流、輸送デジタルプラットフォーム事業化

日立物流グループは、輸送デジタルプラットフォームの事業化を目的として、10月1日付けで「輸送事業強化プロジェクト」を発足したと発表した。従来、ロジスティクスを超えてビジネスを新しい領域に導いていく意思を込めたビジネスコンセプト「LOGISTEED」のもと、「スマートウエアハウス」「輸送デジタルプラットフォーム」「デジタル事業基盤」などの新たなビジネスモデル創出に取り組んでおり、ECプラットフォームセンターの開設やサプライチェーン最適化ソリューションであるSCDOSのサービスラインナップ化など、積極的な事業化を進めていた。

輸送事業のデジタルプラットフォームサービスである「SSCV(Smart & Safety Connected Vehicle)~スマート安全運行管理システム~」については、従来よりSmart(見積/受発注・配車/運行管理・会計事務管理)・Safety(安全管理)・Vehicle(車両管理)各機能それぞれのプロジェクトチームで開発を進めていたが、新たに発足する『輸送事業強化プロジェクト』内の『SSCV強化グループ』に統合集約し、専門組織化する。
また、バンテックをコアとする日立物流グループおよび輸送協力会社のフリートリソースのネットワークを効率的かつ最大限に活用し、安全・品質の安定した競争力のある輸送サービスを荷主に提供・提案する『輸送力強化グループ』も併設し、プロジェクト全体でSSCV開発のスピードアップを図る。

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

RELATION

SEARCH

RANKING

CATEGORY

MAIL MAGAZINE

SEMINOR

セミナー情報一覧

NEW RELEASE

ページの先頭へ戻る

お電話でのお問い合わせ

050-5358-8885

MOVO 配送マッチングは 050-5358-8886

受付時間 平日9:00〜18:00

WEBからのお問い合わせ

MAIL FORM

運営会社について運ぶを最適化する

MOVO Channel 記事を読む