movo

海外ニュース

Amazonが15機のボーイング737-800輸送機をリース (2019年6月18日)

Amazonは、これまでも顧客向けの配送に投資し続けていますが、2019年6月18日、パリの国際航空ショーで、GEキャピタル・アビエーション・サービス(GECAS)と提携し、ボーイング737-800を更に15機リースすると発表しました。今年に入って、GECASから5機のボーイング737-800をリースしたと発表がありましたが、今回の15機はその5機に追加されるものです。航空機は、Amazon Airの20以上の航空拠点から全米に飛行することになります。

「これらの新しい航空機を投入することでAmazon Airの受入能力を拡大し、プライム会員向けの無料の翌日配送プログラムを加速することになります。」とAmazonのワールド・オペレーション責任者のデイブ・クラーク上級副社長は述べました。「2021年までに、Amazon Airは、自社専用空輸ネットワークで飛行する70機の航空機を保有することになります」。

「私たちは、Amazon Airの専用空輸ネットワークをサポートできることをうれしく思っています」とGECASのリチャード・グリーナー上級副社長は話しました。「Amazonは、737-800貨物輸送機の性能により、これから先、顧客に対する信頼に足る地域配送の能力をさらに強化することになります。」

Amazon Airの業務は、迅速な配送、手頃な価格、豊富な品揃えを愛する顧客が急増する中、その顧客への荷物の配送を支援して、2016年に始まりました。Amazon Airの運用で、受入能力と経路の計画に高度なアルゴリズムとソフトウェアを用いることにより、一日に大量の荷物を配送することができます。Amazonは、今年、フォートワース・アライアンス空港、ウィルミントン空港、シカゴ・ロックフォード国際空港に新しい航空施設を開きます。シンシナティ・ノーザンケンタッキー国際空港の主要ハブ空港は、2021年に開設します。開設以来、Amazonの航空貨物事業は全米で何百万ドルも投資し、何千もの新しい職を生み出してきました。
              
Amazonは、顧客向けの配送の迅速さと供給網の受入能力の確保に万全を期すため、新規構想を立ち上げてきました。デリバリー・サービス・パートナー・プログラム、Amazon Flex、トラック輸送の受入能力を増やす10,000台を超えるトレーラーの専用ネットワーク、そして今回増強された航空貨物機のネットワークなどです。Amazon Flexは、個人がサインアップして審査を受け、Amazonの配送を行うことができるモバイルアプリです。これらのプログラムは、185以上の配送センターから成るAmazonの強固な世界ネットワークとともに、顧客への配送の迅速性を高めています。配送センターでは、高度なアルゴリズム、ロボット、機械学習、その他の技術革新を活用してきました。今Amazonは、顧客向けの配送能力を拡大するために、輸送分野にこれと同じ技術的専門知識を導入し、革新を続けています。

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

RELATION

PICK UP

SEARCH

RANKING

CATEGORY

MAIL MAGAZINE

SEMINOR

セミナー情報一覧

NEW RELEASE

ページの先頭へ戻る

お電話でのお問い合わせ

電話番号 050-3852-2987

受付時間 平日9:00〜18:00

WEBからのお問い合わせ

MAIL FORM

運営会社について運ぶを最適化する

MOVO Channel 記事を読む